お知らせ
2017.06.09
実践講座

第3回人と動物のハッピーライフ実践講座

犬と猫のがん治療最前線
犬と猫の平均寿命は年々延びています。それに伴って人間と同じように犬や猫もがんが死因のトップを占めるようになりました。飼い主さんが自分のペットの異常に気付いたときには、がんが進行していて獣医さんからさじを投げられることもあります。一方で無理な延命治療は逆にペットを苦しませることになるかもしれません。今、がんに苦しむ犬や猫に対して治癒が得られなくても症状の改善や生活の質(QOL)の向上をはかる治療法が求められています。がん治療の最前線を東京農工大学動物医療センター・腫瘍科で活躍されてきた小林先生にお聞きしたいと思います。
開催日時
2017年06月27日(火)
13:30~15:00
会場
動物先端医療センター・AdAMセミナールーム
〒411-0934
静岡県駿東郡長泉町下長窪1075
講師
動物先端医療センター・AdAM副院長 小林正行先生
プロフィール
1972年生まれ45歳、獣医学博士。1997年東京農工大学農学部獣医学科卒業。4年間の動物病院勤務(埼玉県)を経て2005年岐阜大学大学院連合獣医学研究科博士課程を修了。さらに2年間の動物病院勤務(神奈川県)を経て2007年~東京農工大学農学部獣医臨床腫瘍学研究室・講師。2016年同大学・准教授。2017年4月~動物先端医療センター・AdAM副院長。
研究業績/大学院博士課程では犬と猫の循環器疾患の診断と治療法の研究を行ってきました。東京農工大学着任後は腫瘍外科のみならず、がんカテーテル治療(動注療法)など動物への負担の少ない低侵襲治療の開発、実践に力を注いできました。
参加費
無料
申込受付期間
2017年06月09日(金) ~ 2017年06月26日(月)
定員
50名
定員になり次第締め切らせていただきます。
主催・お問い合わせ先
NPO法人 人と動物のハッピーライフ
FAX:055-986-8889
E-Mail:
以下の資料をご覧ください
下記の申込みボタンよりお申込み頂けます。(又は、主催・お問い合わせ先へとご連絡ください。
講座・セミナーを申し込む